幅広世代の人が行なっている不動産投資の魅力と注意点

問題点を把握する

一括借り上げを利用する前に

一括借り上げを利用する間に知っておきたいことがあります。そのメリットと問題点についてです。一括借り上げは不動産会社がその新築マンションを購入したオーナー(投資家)との間で結ばれます。一括借り上げの大きな特徴は不動産会社がその家賃を保証してくれるところにあります。新築マンションのオーナーとしては、そのマンションに投資をする以上できるだけ空室は出したくないものです。そこで、不動産会社が家賃保証をしてくれる一括借り上げの仕組みを利用して、赤字をなくそうとします。一括借り上げは、家賃保証だけでなくそのマンションの管理や、修繕について準備を手配してくれるため、オーナーにとってはとても大きなメリットがあるように感じます。

その問題点を知っておこう

しかしながら、一括借り上げはビジネスです。オーナーが一方的に得をするビジネスをわざわざ不動産会社がするでしょうか。実は、一括借り上げの家賃保証は「定額」ではなく2年おきに行われる改定でその額が減少していきます。つまり、空室が多ければ多いほどオーナーにしわ寄せが来るのです。また、修繕についても、不動産会社のほうで準備をしてくれますが、裏を返せば、その中間マージンをオーナーが払っているようなものです。不動産会社はあくまで借りている立場ですので、修繕費は支払いません。そのようなことも考えると、果たして一括借り上げが得なのかどうかは微妙なところです。オーナーが一括借り上げで損をしないためには、いかに空室を出さない工夫をするかの一点にかかります。